【盗難事件からの復帰列伝06】イギリスでパスポートの盗難にあった時に再発行してもらう方法

パスポート

 

こんにちは!

 

パスポートの写真撮影の時は目を全開にする
榎本晋作(@Shinthanks)です

 

さてさて、ロンドン東部でまさかのバックごとパスポートを盗難された僕の
復帰列伝ですが、無事にパスポートが再発行できましたので
今回はその方法のまとめをお届けします!

 

■盗難事件からの復帰列伝、過去記事

→5話救世主現る!
→4話3回目の警察訪問でピカデリーへ
→3話キャッシュパスポートのデビット機能が不正使用されていました。
→2話海外旅行保険が適用される金額の上限、条件、申請方法などを確認
→1話保険会社に電話して警察行って大使館へ!
→当日ロンドンで、プロのスリにリュックの盗難にあう

 

 

1.まずは日本大使館(英国領事館)に電話!

在英国日本国大使館のサイト

 

さてさて、イギリス(特にロンドンで)パスポートを紛失したり盗難にあった時は
何はともあれ、日本大使館(在英国日本国大使館)に電話です!

 

電話番号は( 020-7465-6565 )です。

詳しくはこちら

http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/embassy/index.html

 

※番号が何個かありますが、僕は上記の番号で大丈夫でした。
ちなみに、日本語での対応があります。

 

 

2.戸籍謄本を日本で取ってきてもらう

 

僕は旅行者ではなく、ワーホリビザ(YMS)を使ってきている人間なので
旅行者の方は大使館に仮のパスポートなどを発行してもらえるかもしれませんが
僕はパスポートがなければ、ID(身分証明)がない人間。。。

パスポート再発行のために必要なものは2つ!

・証明写真(6ヶ月以内に撮影されたもの)
・戸籍謄本

 

この戸籍謄本が厄介で、
なんと日本の住所か本籍地があるとこでしか取れないのです。。。

 

僕は日本の住所はなくしてきているので、
本籍地の京都にいる親戚に戸籍謄本を取ってきてもらいました。

 

ちなみに、原本は最終的に必要なのですが
まずは日本からのスキャンか大使館への直接FAXで大丈夫です。

 

 

3.大使館でパスポートの再発行手続きと、以前のパスポートの失効手続き!

在英大使館

 

何はともあれ、戸籍謄本の到着を待っている場合ではないので
「大使館に来てください!」との指示を電話でもらいました!!

 

そこでパスポートの失効手続き、パスポートの再発行手続きを行います。

ちなみに、日本の家族の住所とか電話番号、本籍地とかも書かされるので
大使館に行く前に全部調べておいた方がよいかもです。

 

Green parkの駅のそばにある大使館は行く直前のCostaというカフェで
フリーWi-Fiが使えるので、もし、ネットがなくて調べられないという人はそこにて!

 

 

何はともあれ、再発行の手続きが終わると5営業日程度で再発行されます。

 

 

※前にも書きましたが、証明写真は大使館のそばの店は、
8枚20ポンド(4枚15ポンド程度)するので注意!
(日本大使館でそこを薦められますが、街のインスタントの写真撮影なら5ポンドです。)

 

ちなみに、こちらの記事です。

→【盗難事件からの復帰列伝01】保険会社に電話して警察行って大使館へ!

 

 

4.日本から大使館へFAXしてもらう

 

日本の家族に無事に戸籍謄本が届いたら、
日本の大使館宛にFAXしてもらいます。
(このFAXを持って発行の本格的な手続きに入ってくれるみたいです。)

これで一安心!

というわけではありません。

戸籍謄本の原本を送ってもらわねば!

 

5.EMS(国際スピード郵便)を使って戸籍謄本の原本を送ってもらう!

EMS(国際スピード郵便)

 

母親が海外生活が長かったせいか、やけに詳しくて

「あっ、大丈夫、すぐ送れるから!」
と言って、国際スピード郵便(EMS)を使い、
5日ほどで送ってくれました。

 

これ、ほんとすごいです。。。

http://www.post.japanpost.jp/int/ems/

 

6.いざ、大使館へパスポートを取りに!!

パスポート

 

電話で再発行されているかを聞き、再度、日本国領事館へ!

無事に、パスポートが再発行されました涙

その時に届いていた戸籍謄本も渡しコンプリート!!

 

最初に大使館に行ってから約8日間で再発行されました!!!

 

■パスポートの再発行にかかった料金は?そしてワーホリビザは有効?

大使館から受け取る紙

▲大使館から受け取る紙

 

パスポートの再発行にかかる料金ですが

・10年の場合;121ポンド(約20,570円)
・5年の場合:83ポンド(約14,500円)
・子ども用の場合:45ポンド(約7,650円)

です。
※1ポンド170円計算

 

そして、これに証明写真の料金がかかります。
(海外旅行保険に入っている場合は、これも保証の範囲内の可能性もあり
それは証明写真と交通費も保証の範囲内のようです。)

 

また、ワーホリビザ(YMS)についてですが、いただいた紙(写真)に

「旧旅券にある英国のビザは有効です。」

と書いてあるので、再発行の必要はありますが、
その間もビザは有効という事だと思います。
(おぉ、俺、大丈夫!)

 

※国外に出る時にめんどくさいので再発行する予定です。

 

実際にやってみて思ったのですが、
このような感じで適切な手続きを踏めば、パスポートの再発行はできるので
なくしても、まずは焦らない事が大事だと思います。
(でも、取られた時は、汗ダラダラでした^^;)

 

さて、ビザとか保険とかデビットカードの被害とか、
やる事がまだまだあるので
ここからしっかりとがんばっていきたいと思います!

 

Shin

 

▼「ワーホリ留学ブログ@イギリス」は1人でも多くの方にイギリス生活の様子を伝えるために
日本ブログ村のランキングに参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

 

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス