イギリスワーホリを終えて、帰国して1年。

イギリスの大学院留学をされていた崎元大志さん

▲留学Personでイギリスの大学院留学をされていた崎元大志くん取材後の写真

 

こんにちは、
2015年2月11日ヒースロー空港を飛び立ち帰国した
榎本晋作(@Shinthanks)です。

 

そうです!
今日は、もう2016年2月11日です!

 

もう1年経ってしまいました。。。。

 

というわけで、
「ワーホリ終わった後って、
みんな何をやっているのだろうか?」

 

の一例を紹介しようかと思います。
(僕ので事例になるかと心配ですが^^;)

 

ていうか、自分の事を書いても
人の役に立たなそうなので、それの方が心配かも汗

 

いや、とりあえずやってみる!!!

 

■帰国してから2ヶ月(2〜4月頭)

アトピー対策SNS「untickle」の野村千代

▲アトピー対策SNS「untickle」代表の野村千代との2ショット

 

ざっくり言うと

1.帰国翌日に友人経営者の野村千代に呼び出され、いきなり仕事する事に^^;

→アトピー対策SNS「untickle」

 

まぁ、でも帰国直後ってやる事なくて暇なので、
これはこれでよかったかもです。

▼1ヶ月後。。。。
疲労困憊

 

想定外の大変さでした。。。

 

 

2.NGOの活動「ルーム・トゥ・リード」とかパラカップとか

パラカップ事務局MTG

パラカップ事務局MTG後に。

 

実は日本時代に途上国関連のNGOとか
チャリティーイベント団体のメンバーとして
細々と活動していました。
ルーム・トゥ・リードパラカップ(2016年ランナー募集中との事。)

 

イギリスからも遠隔でちょろちょろっと
手伝っていたのですが、
しばらく時間があった(ようなないような。。)ので
少し手伝っていました。

 

ちなみに、
ルーム・トゥ・リードはイギリスにもあります。

→世界中に支部があるNGOがすごいと感じた瞬間

 

 

 

余裕ぶっこいてたら
資本金が足りなくなるピンチ。。。

 

■2ヶ月目4月〜留学Person立ち上げ!〜

留学Personのクリスマスディナー会

▲留学Personのクリスマスディナー会

 

 

「未来の留学生の力になりたい!」

と密かに(いや、声高につぶやいてたか)
思っていたので、

「留学経験者のインタビューサイト」

をパラカップで出会った友人と立ち上げました。

 

イギリスに限らず、
オーストラリアとかカナダとかメジャーな国から
マルタとかもメキシコとかまで幅広く紹介しています。

 

イギリスなら、こんな感じです。

→私がイギリスの語学学校で学んだ事(熊木萌恵さんのロンドン留学)

→街中が英語の先生!?イギリスのスワネージ留学とは?(飯田恵梨さんVOL.2)

 

ていうか、一年を振り返ると
リンクが多くなる汗

 

■3ヶ月目②5月〜会社作った。〜

撮影中

▲動画チームで撮影中

 

留学Personもそうなのですが
そもそも母体になる会社がないとまずいので
株式会社イーグッドを創りました。

 

留学Personのイメージ先行ですが
基本的にはWebサイト制作とWebマーケティングのコンサルティングを
メインにやっている会社です。

 

「やべぇ、支払いが!!!」

「今月、俺の給料どうしようかなぁ。。。」

「いや、待て!どうやって会社創るの!?」

「経理わからないヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!! 」

 

という感じで毎日テンパってました。
(もちろん、今も。。。)

 

 

■1ヶ月目に戻る〜そういえば、本出したんだった汗〜

電子書籍の表紙

 

散々うるさいと思いますので
ここはかるーく。。。

イギリスワーホリの
電子書籍を2冊出しました。

 

ガイドブックの方は、

「3ヶ月目までの
生活環境を整えるまでのタスクがわかる」

という感じのなっている地球の歩き方的なものです。
(知らないとお金いっぱいいるので、
その辺の損を回避してほしいという願い。)

 

→電子書籍本『イギリス・ワーホリ留学ガイドブック』発売しました!

 

2冊目は
「僕の体験談」です。

「僕に興味ある」という人は相当レアだと思いますし
そもそもイギリス生活を知っても、
あまり意味がないと思いますので

 

「裸一貫から
どうやってイギリスで生活していけるようになるのか?」

 

を書きました。
(就活とかは一般論もあります。)

 

2冊目の電子書籍『ワーホリ留学ブログ@イギリス(電子書籍編)』発売開始しました!

 

リンクが多い。。。。
(ごめんなさい。。。)

 

■4〜7ヶ月目〜ひたすら仕事〜

ニューヨークでの写真

▲9月に行ったニューヨークにて

 

調子のってニューヨークに行っている
写真とえらく矛盾するのですが、、、

とりあえず、
会社創った後はひたすら仕事していました。

 

理由は簡単で。。。
会社設立に25万くらい
人件費とか諸経費の支払い
留学Person運営費

 

とか、とにかく

 

「あっ、
意外と会社って金がかかる。。。」

 

という個人的な事情です。

 

2人でやっていた留学Personに
インターン生が入ってくれたのもこのくらいの時期でした。
(そして今は、
ライターさんやバイトさんも増えてきてくれました涙)

 

ちなみにニューヨークで
アメリカ英語を久々に体験し

「まぁ、イギリス英語もわからないのに
わかるわけないよね。」

と開き直って帰ってきました。

 

ちなみに、ニューヨークはホームレスの
レベルが高かったです。
(お金をもらうために
僕らを楽しませてくれる。)

 

■8〜12ヶ月目〜落ち着いてきました。〜

ルーム・トゥ・リードのハロウィンパーティー

▲ルーム・トゥ・リードのハロウィンパーティー(仮装しなかった人なう。。)

 

ふざけた写真ばかりで
ごめんなさい。。

 

ロンドンが恋しくなってきた
冬の10月頃です。

 

僕は『アオハライド』(本田翼さんで映画化された少女マンガ)を
でキュン死に寸前まで熟読しながら、
ひたすら、パソコンをパチパチ打って仕事していました。
(こういう所が
ちょいちょい余計とよく言われます。。)

 

なんだろうか、
やる事決まったら、本当にそれしかしていません。。。

 

「キューバに行きたい!
(怖いけど。。)」

とか思う事も
毎日思っているのですが

「いや、待て!

あんた、ちゃんと未来の留学生のために
がんばりなさいよ!」

と心がちゃんと勝手に反応してくれます。

 

「いや、何、この人。。。
仕事ばっかでつまんなそう。。

とか思われそうですが
実はここがワーホリでイギリスに行った
一番のポイントかつ意味だと最近思います。
(最後に書きます。)

 

 

ちなみにキューバにはまだ行ってませんが
キューバ倶楽部なる
Webサイトのディレクターもやっています(笑)

 

 

■やりたい事よりも「自分がやるべき事」

一緒に留学エージェントをしていた笠井さんとその時の留学生の愛ちゃん

▲一緒に留学エージェントをしていた笠井さんとその時の留学生の多葉田愛ちゃん

 

僕のイギリス後の1年を振り返ると

1〜4ヶ月目が
「すごく活発」

5ヶ月目以降
「単に忙しそうだけど
淡白な感じ」

 

に見えてしまう感じかもしれません。

 

僕も書いてて

「やべ、会社創った以降、
やってる事一緒で意外とネタがない。。。」

 

とか思ってしまいました。

 

あるとすれば、1月6日で
気を失うくらい日本酒を飲んで、
多大な迷惑をおかけした事くらいでしょうか・・・
(1000回謝っても謝りきれない。。。)

 

本題に戻すと

「やりたい事って無限大」

だけど、

「自分がやるべき事」

って意外と少ない気がしています。

 

「自分の力を世界で試したい!」

 

とか意気込んでイギリスに行ったのが
2013年11月の事でした。

 

今から思うと
この頃の僕は
「興味」だけで動いていた気がします。
(まぁ、でも好奇心ってめちゃ大事だと思うのですが。)

 

ですので、
今の僕があの時の僕なら
この記事はネタ満載な
おもしろいものになったかもしれません。

 

ただ、
イギリスに行った事をきっかけに

「なんで、こんなに留学を知る機会って
ないんだろうか。。。」

 

ってすごく疑問に感じるようになりました。

 

すごくがんばれば、
見つかるのかもしれませんが

「(がんばらなくても)
もっと身近に、留学(海外体験)の事を
知れるようになってほしい!」

とすごく感じました。

 

「留学素晴らしいよ!
日本国民全員行くべきだよ!!」

とか言うつもりはないですし
そういうものでもないのですが

「そもそも、留学って
どんなもので、どんだけよいものなの?

イギリスに行くとか
カナダとか実際はどんな感じなんだろう?」

 

という疑問を解決したいと思って
今、日々活動しています。

 

でも、

「留学(広く言うと海外体験)
がどんなによいものか?」

というのは実は
僕もよくわからないので、
日々経験者にインタビューをし掲載させて
いただいてるいます。

 

「なるべく、
一つの価値観には偏らない」

 

というのを大切に
多種多様なストーリーを掲載できるように努力してきたいです。

 

留学はまだまだ高い買い物ですし
社会人だと「人生をかけて行く」
という人も少なくないと思います。

 

まぁ、個人的には
そんなかまえないで余裕で
「ちょっと行ってくるわ」
くらいの世界にしたいのですが。。

 

それが実際にどんなものだったのかを
なるべくわかるように(見えるように、聞こえるように)
これからもがんばって活動を続けていこうと思っています。

 

簡単にまとめると

「自分のやりたい事」を
「行動力」という言葉に置き換え
自己評価していた頃の僕

 

「自分のやるべき事が見えないで
迷走していた」

のかもしれないって
最近思います。

 

そういう意味で
イギリスのワーホリは僕を成長というか
変化させてくれたのだと感じます。

 

かっこいい事言ってますが
つまる所

「出国前に困っていた自分
と同じ境遇の人の力になりたい。」

と思って活動しているだけです。
(結構自己中心な理由だったり。)

 

最近、
またあっちこっち行っちゃいそうな予感もしますが
これからも、少しづつではありますが
ここ東京で、しっかりと自分のやるべき事をやっていきたいなぁと思います。

 

 

久々のブログが
何も役に立たない情報ばかりでごめんなさい^^;

 

皆様、
こんなようわからない者ですが
今後ともどうぞよろしくお願い致します!

 

Shin

 

 

P.S

最近YMS2016年当選者の人と
よくお茶しているので、よかったらTwitterで誘ってくださ〜い^^
(それ以外に留学に興味ある人でもよいですが^^)

 

榎本晋作Twitter

 

▼「ワーホリ留学ブログ@イギリス」は1人でも多くの方にイギリス生活の様子を伝えるために
日本ブログ村のランキングに参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス