ロンドンからユーロスターに乗る駅やチェックインの方法について

ロンドン東部St.pancras駅
▲ロンドン東部St.pancras駅

 

こんばんは。

ユーロスターの隣の席が美人な韓国人だったにも関わらず
「話したい欲求」を抑え仕事を選んだ榎本晋作です。

 

さて、表題の通り、
今回は、「ロンドンからユーロスターに乗る駅」や
「チェックインなどの方法」を紹介します。

 

■ユーロスターはロンドン東部のSt. Pancras(セントパンクラス)駅から乗ります!

ロンドン東部St.pancras駅

▲St. Pancras(セントパンクラス)駅の入り口

 

さて、気になるユーロスターの駅ですが、
結論から言うとロンドン東部のSt. Pancras(セントパンクラス)という駅から乗れます。

 

ちなみに、この駅、「Kings cross(キングスクロス)」
という駅ともつながっていて、そちらからも行けます。

 

僕は、この直前まで仕事の研修があったため、
この駅から行きました。

 

▼キングスクロス駅からセントパンクラス駅に続く道

キングスクロス駅からセントパンクラス駅に続く道

 

▼こんな道を通っていきます。

キングスクロス駅を出る途中

 

■ユーロスターのチェックインはバーコードでできる!

ユーロスターのチェックインの様子

▲ユーロスターのチェックインの様子

 

以前、記事でも紹介した通りに僕はユーロスターのチケットをオンラインで購入したので
チケットは普通のA4の紙です。

 

▼これです。

ユーロスターのチケット

 

ユーロスターのチェックインはこちらについている
バーコードを新幹線の改札みたいな所に押せば完了です。

 

しかし、この機械は、なかなかバーコードを読み取らず、
後ろからの視線がレーザービームなのですがそこは焦らず冷静にいきましょう。
(感覚値10秒くらいで読み取ってくれました。)

 

 

【おまけ】ユーロスターに乗るまでの雑学

ユーロスター

 

さて、今回はおまけで、
ユーロスターに乗るまでに僕が知りたかった情報をご紹介したいと思います。

 

■チェックインの後に荷物検査と出国審査があります

出国審査の場所

 

チェックインした直後にまずは荷物検査。

飛行機ではないので、
パソコンやケータイがカバンの中に入っていてもOKですが
ベルトは自分の肌身につけておかない方がよいです。

 

次は出国審査。

 

飛行機に乗る前と同じくありますが、大量にお客を通す関係から、
若干ゆるく質問などもほとんどされない感じがあります。

 

ただ、僕はイギリス居住者でIDを証明するカードを持っているので
めちゃ早かったのかもしれません。

 

ちなみに最後になぜか「ども、ありがとう!」と言われました。
(お礼は言うのはこっちの方だぜ、ベイベー^^;)

 

ユーロスターを待ってる間は座れるシートやカフェがあります

ユーロスターの出発を待つ場所

 

ユーロスターを待っている間はまさに日本の新幹線の駅のように
シートやカフェ、お土産屋などがあります。

 

▼フリーWi-FiがあるカフェNERO

カフェネロ

 

お腹がすいたらカフェネロか
隣のバーみたいなところでハンバーガーなどがおすすめ!
(ただし、英国の外食は高いので
1000円以上2000円未満の出費は覚悟!)

 

フリーWi-Fiと電源があります!!

電源Wi-Fiがあるパソコンスペース

▲電源Wi-Fiがあるパソコンスペース

 

「僕と言ったら電源フリーWi-Fi、
電源フリーWi-Fiと言えば僕。」
というくらい、電源フリーWi-Fiが好きな僕には
ここは神懸かり的な場所でした。

ユーロスターに乗る前に皆様ぜひ(涙)

ここでフランスに行く前に
相棒のMacbookとiPhoneをフル充電してやりました!

 

最後はユーロスターの車内はこんな感じ!

ユーロスターの車内

 

最後はユーロスターの車内。

13インチのパソコンで作業するスペースは普通にあり
日本の新幹線とほぼ変わりませんが、隣の人との感覚は少し狭いように思えました。

 

また、入り口には、大きなカバンやキャリーケースをおくスペースもあるので、
キャリーケース持って行っても大丈夫です。

僕は、ボストンバックだったので席の上におきました。
(この辺も日本の新幹線と似ていました。)

大きなカバンやキャリーケースをおくスペース

 

 

ユーロスターはバスに比べて高いですが、時間は短縮できるので
ワーホリや大学(院)留学などで渡英し、仕事や授業などで
長い旅行に行けない人には、おすすめです!

 

Shin

 

P.S

フランスについた瞬間、
vodafoneさんが歓迎してくれました。

 

▼vodafoneがフランスにつくと値段などを通知してくれる。

vodafoneがフランスにつくと値段などを通知してくれる。

 

▼「ワーホリ留学ブログ@イギリス」は1人でも多くの方にイギリス生活の様子を伝えるために
日本ブログ村のランキングに参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス