【カフェで英会話第4話】日記の添削と自己紹介

前の日の夜_the-night-before

こんにちは!

イギリスに行く前に7月にベトナムに行くと決めた
榎本晋作(@shinthanks

今週もカフェで英会話を習ってきました。ちなみに、知人がやっているカフェ英会話という団体とは全く関係ない個人的な活動です。

第1,2,3回はこちら

【カフェで英会話第1話】「英会話学習で成果を出す方法を考えてみた。」
【カフェで英会話第2話】「仕事、住んでたところ、旅行での思い出、苦労した話」
【カフェで英会話第3話】アニメ、挨拶などの日常会話

 

今回は先生が来るまで時間があったので、日記を書いてみて、それを添削してもらうのと自己紹介を行いました。(今更すぎる。)
思いついた事をテキトーに書いているので日記と言えるかどうか…^^;

 

■今回出てきた使えそうな英会話パターン

 

【今回書いた日記(添削後)】

■日記1「昨日やった仕事」

Today, I worked at home. I made a movie for my client in i-movie.

Last night, I was working at home, I made a annual report in Illustrator.

This report is originally in English. I was working on the Japanese version.

This report was created by 3 people.

One  took part in translation.

Another took part in direction.

And I took part in making data from English to Japanese.

 

※ポイント

・ 1文に要素をつめすぎず、何個か文章を分ける方がよい。
work on:作業する

■日記2「色々」

I ate Ramen yesterday. It’s instant.

Last Sunday I moved from Kichijoji to Mitaka. I was a hard day, because I couldn’t sleep well the night before.

Whenever I can’t sleep well at night, I usually watch animation or Tv program on YOUTUBE.

 

While I was waiting for you, I wrote a diary at the place called  Lightning spot(below LS).

Co-working space is the place anyone can work.

There are many freelancer and business manager who runs small company.

 

 ※ポイント

・前の日の夜: The night before.
(その前の日でThe day beforeという表現があるのでそれに似ています。)

・眠れない夜は〜: Whenever I can’ sleep
(ifを使ってしまいそうでしたが、この方が確かにしっくりとくる。)

たいていYOUTUBEでアニメを観ている:I usulally watch animation on YOUTUBE.
(Usually Iという語順を使っていたのですが、確かにこっちの方がしっくりくる)

・日記を書く:write a diary
(通常、keep a diary と習うので使ってしまいがちですが、その時に書いた事実と日記を書く行為や習慣とは別で考える)

・ ライトニングスポットという場所で:the place called Lightningspot
(単語でLightningspotと単体で言ってから説明に入っていたのですが、この表現は覚えておくと便利そう)

・中小企業経営者:business managers who run small companies.
(venture なんちゃとか manager とかは思いつくのですが、venture manergerだと不自然だし。。。と考えていたらこんな感じで教えてもらいました。
ちょい長いので、業界用語とかも知りたいです。)

 

■英会話「自己紹介」

【興味の話】

What was most impressive(interesting) thing of the three?(3つの中で一番印象的だったのは何?)」

※Whichは2つの時で、whatは複数

「what stood out in your memory?(一番印象に残ったのは何?)」

「Let’s change the subject(話題を変えよう)」

 

【キャリアプランについて】

「Can you tell me your career plan?(あなたのキャリアプランを教えてくれますか?)」

「I remember you like art(あっ、あなたがアートが好きだって思い出した!)」

「There is a limit to pursue my own happiness and my own needs(自分の幸福の追求には限界がある。)」
※ちょっと深い話でした^^;

「(GroundとTrackがごちゃになってる日本についての話の後)
They have smilar meanings in Japanese(それらは日本語では、似たような意味を持っている)」

「That is specifically(typically)  Japanese English(それは典型的なジャパニーズイングリッシュだわ。)」

 

【自己紹介】

「It’s strange to introduce myself again(今さらだけど、自己紹介します。)」
※ちょっと強引らしい。

「As you may know(もう知ってると思うけど)」

「I work as freelance web marketer in Japan.(私はフリーランスのWebマーケターとして日本で働いている)」

「In my job I do three things(私には3つの業務がある。)」

One I come up with marketing plan for my client.(1つ目はお客さん向けにマーケティングプランを考える事です。)」

Second I create  website with web designer. I join as a director.(2つ目はWebサイトの制作です。Webデザイナーと作ります。私はディレクターとして参加します。)」

Third I keep the website up to date(サイトの運用をする)」
※サイト運用の内容が多岐にわたるため、わかりやすく「常に最新の状態にする」で表現

※4つ目があればfourthになる。

「I worked on creating Google ads.(私はGoogleadwards広告をやっていた。)」

「I  supported my acquaintance’s business when I haven’t job.(仕事をしていなかった時は、知人のビジネスを手伝っていました。)」

「He held networking party many times.(彼は交流会を開いていた。)」

 

【その他の話】

「(食べ過ぎでお腹が痛いというくだりから)
Did you really eat that much(えっ、そんなに食べたっけ!?)」

「Because I skipped the ranch(あっ、お昼抜いたからさ^^)」

 

 

【その他の表現や単語など】

「Please ask me anything(何でもいいから)何か聞いて」
※なんでもいいではなく、特定のテーマの場合は「something」になる。

「sophomore(2年生)」※ソーフモアと読む。

come up with(企画を考える)」

「Can you say again?(もう一回言ってもらってよいですか?)」

「Let’s get back on the track(話を戻そう)」
※前回も出てきたのですが「ground」と言ってしまいました^^;

「Several section(いくつかのセクション)」

「Go on(「話を」続けてください。)」

「Japanese consulate(日本領事館)」

「consolation(領事館)」

「curator(学芸員)」

 

 

今回は以上です。

学んだ事は話があっちこっちに飛ぶと会話のテーマがバラバラになるので、次回からある程度テーマを絞って会話していこうかと思います^^;

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス