【英語学習記@日本】第2話「英語でのスケジュール調整メール」

こんばんは、榎本晋作です。

さてさて、ひょんな事から、教育支援NGOルーム・トゥ・リードのイベントを手伝いながら英語を学ぶ事になりました。
今日はその第二回です。

第一回はこちら↓
【英語学習記@日本】第1話「初めての会議参加(メールの返信が。。。)」

 

さてさて、前回無事に?Team Tokyo(オールイングリッシュのアメリカ人チーム)のメンバーに入れてもらいました。しかし、1回MTGに出ただけなので、まだ自分が何をすればいいのかさえわかっていない状況です。

 

一応、事前に職員の今尾礼子さんが1時間ほどかけて、色々と教えてくれました。どうやら「参加者リストの管理」、「請求書の発行」、「メール対応」などを中心にオークションに使うスライドなどを作成するなど、バックオフィス業務である事がわかりました。

 

もちろん、上記のバックオフィス業務は職員2人への連絡以外は、すべて英語で行われます。

 

その辺の苦難はまた後日、また記事にするとして、今回は、英語でのスケジュール調整についてです。

 

■MTGスケジュール調整での出来事

リーダーよりメール(抜粋)

———————————————

(オークションで使うマシーンについてのMTGがしたいです。)

Please let me know times and dates that are best.

Lunch at (MTG場所) on Monday, Tuesday, March 11 or 12?

———————————————

 

 

一斉送信メールで、下記のような表現が飛び交ってました。

“Wednesday, March 13 afternoon does not work for me”

“Does Friday, March 15 perhaps work for all

 

各々が自分の予定を伝えるメールを送っていたのですが、どうやら”work”という動詞が「都合がよい」に当たるようです。
学校の教科書ではなかなかお目にかかれない表現でした。

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です