【イギリスビザ申請日記06】ビザが発行されました!

イギリスのワーホリビザ

▲イギリスのワーホリ(YMS)ビザ(写真の人相が悪くてごめんなさい^^;)

 

こんにちは。
榎本晋作です。

 

イギリスビザが発行されるかどうか心配でならなかったのですが
本日(2013年10月23日)、無事に発行されて、取得してきました!

ちなみに「MANILA(マニラ)」って書いてありますが
審査が行われた場所であり、フィリピンに行くわけではありません。

 

普通、審査に落ちる事はないと思うのですが
それでも、実はドキドキでした^^;
(お前、なんかやばい事やってるのかよ!って感じですよね^^;)

 

パスポートを預けて、ビザの審査に入ると
下記のようなメールが届くのですが
dispatchedの意味がわからず、一度青ざめました^^;

 

いや、disってつくと否定っぽいじゃないですか。。
俺のパスポート、否定されたの!!!!的な^^;

 

————————————————————

Dear SHINSAKU,

 

Your visa application Ref. No.:(XXXXXX(ここは番号が届きました) has been dispatched to the British Embassy on:(日付)

An auto e-mail will be generated to inform you when the application is returned and is available for collection at the Application Centre.

Please note this is an auto generated e-mail. Please do NOT reply to this email.

Regards,

Visa Application Centre.

————————————————————

 

「dispatch」の意味を調べると「発送する」というのがあったので
なんて事はない届いた事のお知らせメールでした。
(disableのイメージが強すぎです。。)

 

何はともあれ、なんとか発行してもらえてよかったです!

 

そういえば、Youth mobility scheme(YMS)って名前で
Tier5ビザでしたね。
(イギリスの場合、Working holidayというビザ名ではないので、ご注意を。)

 

【これからビザを取得する人へアドバイス】

パスポートにビザの紙が貼付けられて戻ってくるのですが
その際にビザセンター(東京なら新橋)のですが
「直接取りにいくか」「1500円で郵送してもらえるか選べます」

 

ケチな僕は思いっきり「取りにくるから大丈夫です!」
と宣言したのですが、パスポートの受け渡し時間を見ると。。

——————————————————–

パスポート返却時間: 月曜日~金曜日: 午後 12:30 ~午後 1:30

下記サイトより抜粋
http://www.vfs-uk-jp.com/japanese/applicationcentre.html

——————————————————–

はい、あまりにピンポイントで、結局取りにいける日から
5日も経過してしまいました。

 

往復の交通費も900円(三鷹〜新橋)なので
600円くらいケチった僕がアホでした^^;

 

皆さん、ピンポイントにお昼に行くのが面倒な場合は
普通に1,500円払って郵送してもらった方がよいかも。

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス