【カフェで英会話第6話】Googleのセミナーを受けてきた話

今回の話題、Googleでセミナー

こんばんは。

本業が方が少しづつではありますが、ファイナルに向かって来た榎本晋作(@shinthanks)です。
え〜っとそろそろワーホリビザの申請をしなければならないのですが、まだ何も手を付けていなくて。。。

 

さてさて、先日もまた、素敵な先生にカフェで英会話しながら英語を教えてもらってきました!

※過去のブログ記事はこちらです!

「カフェで英会話」記事一覧

 

今回はテーマを決めてお話。

6月後半にNGO関連のイベントで、Google社さんにセミナーを受けてきました。

その際の様子などを英語でお話しました。

 

■今回出てきた使えそうな英会話パターンと表現

【NPO向けのプログラムの審査の話】

「Organization must be approved as an NPO.(国から、NPOとして認定されている必要がある)」

「They must issue a final report(彼らは必ず、会計報告をしている)」

「To pass the test(審査を通すために)」

※[screening,review]でもOK

「Next application would be the third.(次のアプライで3度目となる)」

【Googleハングアウトの話】

 

「Have you ever heard of google hangout?(あなたはGoogleハングアウトって聞いた事ある?)」

「You can see the face of the person you are calling.(電話をかている人の顔が見える)」

「You can call up to ten people at one times.(10人までグループで会話できる)」

「If you speak to ten people on Skype, The line might disconnect (or the reception would be bad).
(Skypeでしゃべっていると落ちるかもしれないし、聞こえにくくなる)」

「You can see the faces of everyone who are participating.(参加者全員の顔が見える)」

「So I think It is better than Skype  when we have group MTG online.(Skypeより良さげです。)」

 

【YOUTUBEとの連動について】

「In Google+ you can do live-broadcast(Google+はYOUTUBEを使ってライブ配信ができる)」

「I’ll show you(みせてあげるね〜。)」

 

■ポイント

・up to ten people(10人まで)

・at one times(同時に)

・disconnect(落ちる)

・reception(受信)

・online(オンラインでMTGする時に使う)

・live-broadcast(ライブ配信 ※名詞化できる)

 

【深夜中、仕事をしていた話】

「This site is for brazilian tours.(このサイトはブラジルのツアーサイトです。」
※vacation packageでもOKかも。

「I can’t work in the day time.(私は日が出ているうちは働くのは無理ですわ。」

「I can’t understand the reason one.(もうわけわからんですわ)」

 

【雑談】

「I am indecisive  (僕、優柔不断なんです。)」

「He can be irritating some time for me.(彼は僕にとってイラっとする存在になるかもしれない)」

「I want to live in between  his station and your’s.(私はあなたとその人の家の間の駅に住みたい^^)」

「Recently I often talk about the past (最近、昔話をするよくなってしまった、年をとった)」

「Sri lanka is relaxation country, India is stimulus.(スリランカは癒しの国で、インドは刺激の国)」

「Just because.(なんとなく)」
※「行きたいから行きたいんだよ!」という気持ち

 

■ポイント

relaxation:癒し

stimulus:刺激

 

【その他の表現】

・question(質問する)
※動詞としても使える。

 

・call(電話する)
※telephoneという動詞よりは短くてよい。

・ask(聞く)
質問する意味合いでの英語、ついつい忘れてしまいがち

・in the day time(日が出ているうちは)
日中は働けないという時に簡単にできる表現

・irritate (イラっとする)

・meet up(出会う)

・Sleepover(泊まる)

・the past(昔)

・carbohydrate(炭水化物)

・objective(目的)

・playful plan(ふざけたプラン)

・honeymoon (新婚旅行)

 

■今回の気づき

話すテーマを最初からある程度決めておくと話がはずむ事が判明しました。
これは英語が話せるか話せないか以前の問題でしたね^^;

次回以降、これは常に実践していきます。

そろそろWebにまとめるのはバテてきましたが、継続力を持ってやっていきたいと思います!

 

Thanks!

Shinsaku Enomoto

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス