英語が苦手な僕が英語で仕事をする時にしている2つの事

校舎をご案内してくださったスタッフの方と。

▲取材の時に校舎をご案内してくださったスタッフの方と。

 

こんにちは!

“I don’t speak English well
(僕は英語が話せません。)”

と常々叫びたくなる事があるほど、
周りの人の英語力に圧倒されている
榎本晋作(@Shinthanks)です^^;

 

さぁ、そんな僕ですが、
仕事で語学学校の取材に行き、
英語でのMTGを行う事が増えてきました。

 

※ちゃんと学校の情報発信をする必要性を感じ
現場が大変な中でも必ずやろうと決めスタッフで行っています。

 

→イギリスの語学学校取材記

 

ま、そんな僕ですが、英語力はどれくらいかと言えば
外資系企業で戦っていた方から

「お前の英語ひどいな。。。」

と真顔で言われてしまうレベルです。。。。
(後、英語だと声が異常に低くなるところを
突っ込まれまくってますorz)

 

そんな僕ですが、
逃げている場合ではありません。

 

「英語が話せるようになってから」

は原則禁句ですので、普通に1人で英語のみの世界に飛び込んで
なんとかビジネスMTGなどを行っています。

 

さてさて、そんなどいひーな英語を使う僕ですが
なんとか無事(?)に生還するために使っている2つの方法を、
今後同じ環境に出る方のために記事にしておこうと思います。

 

1.したい話や質問、持って行きたいゴールは事前に決めておく

説明を受けている様子

▲質疑応答を行っている様子

 

僕の英語は母音が多い典型的な
日本語英語から抜けきれていません。

 

相手は僕の英語力など一発で見抜きます。

でも、僕が達成しなければならないのは
正しい英語をしゃべる事や、英語力のトレーニングをする事でもなく

 

「業務上、確認しなければならない事を聞き出してくる」

 

特に取材に限定すると、これがMUSTになります。

ここに英語とか日本語とかは関係ありません。

もはや、ビジネススキルの領域の話なので、
これができない場合は英語力よりもビジネス力の話になると思います。

 

榎本流だと、まずは、先方に伺う前に、質問を事前に考えておいて、
その文章をカンニングペーパーだろうがなんだろうが手元に持っておきます。

 

そして、

「何を確認したいか、また、
最終的に相手とどういうリレーションシップを気づきたいか?」

は自分の中でクリアにしておきます。

 

後、忘れてはいけないのが

「ひたすら聞いた事実を確認する!」

です。

 

相手の説明に対し、自分の中で何となくうやむやにせず
大事な要点は必ず質問し返しています。

 

2.雑談はビジネスが広がるチャンス!積極的に相手に質問しまくる。

ボディランゲージを交えて話す

 

上記の方法でとりあえずの目的は達成するのですが
僕自身は、わざわざお時間をいただいてるので
ビジネスの提案やマーケティングの話を多少は行わればなりません。

 

得てして、こういうビジネスとして発展するかどうかは
雑談中(というかランチしている時とか)が鍵を握る事が多いです。

 

これは、自分がビジネスを行う際に
大切にしている事なのですが、

「聞く、そして引き出す」

です。

 

これも英語だろうが日本語だろうが
関係ありません。

 

僕のひどい英語で、
しかも、おもしろいかもわからない話をするよりは
相手に質問をし、気持ちよく話していただく方がスムーズに事が進むので
そっちを重点にしています。

 

僕の中でのロンドンにおける鉄板質問ネタは2つで

1.相手の国籍とかメジャー(専門)の話を聞く
2.ロンドンに来た理由か今の仕事をしている理由を聞く

です。

 

移動中やランチ中などで、こういう話をするのは
結構リレーションシップを気づくのに大事だと、感じます。

 

相手のバックグラウンドと
その人にしかないストーリーを引き出すと会話自体がおもしろいので
下手は下手なりに英語をしゃべっていても楽しくなります。

このような感じで、周りや相手に申し訳ないながら
「英語で話すのは好き」という心だけで、
なんとか必死こいて仕事しております。。。。
(決して上記の方法も確実性の高い方法でなくて申し訳ないです^^;)

 

ま、ぶっちゃけまだまだすぎるのに、
本当に自分が英語で何かを行っていいのか
毎回不安になりますが、またとない機会なので、
まずは英語力を「惨敗」から「惜敗」くらいには持って行こうと思います。

 

あっ、でも夏に英語で試験を受けなければいけなくなりました。。。
(英語「の」じゃないところがポイントです。。。
IELTSとかではありませんorz)

 

Shin

 

 

▼「ワーホリ留学ブログ@イギリス」は1人でも多くの方にイギリス生活の様子を伝えるために
日本ブログ村のランキングに参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス