イギリスワーホリと語学留学の違いについて

友人のPaulと飲みに行った時の写真

 

こんにちは!

ワーホリでイギリスに来て間もなく8ヶ月半の
榎本晋作(@Shinthanks)です。

 

先日、ロンドンにて11ヶ月の語学留学と
ワーホリをどちらも経験されている方と
話していた時に両方の違いについて話題に上がったので
今日はその時の話をシェアしたいと思います。
(一般的な制度の違いよりは実体験からの違いを紹介します。)

 

■【違い1】「お金を稼がなければ!」というプレッシャー

20ポンド紙幣

▲20ポンド紙幣

 

まず大きく違うのは、お金の話。

一般的な話だとワーホリの方がフルタイム就労ができて
語学留学だと就労ができない(大学や大学院は週20時間まで)ので

 

「収入がある分だけ
ワーホリの人の方がお金に余裕がある!」

と思われがちですが、一概にそうも言えないのが
今回上がった話題です。

 

■そもそも留学生は生活できる資金があるが、ワーホリの人はない。

イギリスのピザはやたらサイズがでかい

▲イギリスのピザはやたらサイズがでかいです。

 

その理由は、結構簡単で

・語学留学の人は渡英する前から生活できるだけの資金がある
・ワーホリの人はそれがない。

という事です。

 

留学生は半年以内でいれば資金証明は原則いらないのですが
それ以上だと、11ヶ月ロンドンで生活できる資金証明がいります。

なので、破産する心配なく、
節約はすれど破産はしないのですが、
これがワーホリで来る人だと結構違ったり^^;

 

ワーホリの場合は働く事を前提として来るので、
まずは「生きて行く事」が主な目的になります。

 

また、まめ知識ですがワーキングホリデーとか呼ばれていますが
イギリスの場合は他の国と違い正式には「Youth mobility scheme(YMS)」なので
お固く言うと就労しないといけません^^;
(就労ビザなので仕事しないのはNGなので
原則、働かなきゃいけないのです。)

 

何にせよ、自分のやりたい事や英語習得などにかける時間を
「仕事」という優先事項が重くのしかかってくるのが
やはり一般的な話との事です。

 

「自分はこれをやりたい!」

と思った時に語学留学であれば、
収入を得る的な事以外は結構できていたりするのですが
ワーホリですと時間の関係でなかなか^^;

 

 

■【違い2】やたらと日本人と絡む機会が多い

日本からロンドンにいらしてくれた築山さん

 

「仕事をしなければいけない」

という時に課題になるのが

どういう仕事をするか?

です。

 

就労となるとビジネススキルや過去のバックグラウンドなどが
結構シビアに見られるのですが、
日本人程度の英語力(日本で言うペラペラすげーレベル)ですと、
多くの場合はレストランなどのアルバイトか日系企業のパターンが多いそうです。

 

求人情報はこのサイトが主なので
就労に関して心配な方はこちらをご覧になってみてください。

 

http://www.mixb.jp/uk/job/job_list_f.php

 

「仕事以外で現地人とのコミュニティを持っておく」

というのをソリューションとしてよく薦められます。

ここに関しては
僕もかなーーーり他人事ではありません^^;

 

英語力という面でもそうですが
ただ単純に日本人としか絡めないのは
悲しい話ですよね^^;

 

 

■【違い3】うまく行けば英語で仕事できる

取材でお邪魔した語学学校のスタッフの方と

▲取材でお邪魔した語学学校のスタッフの方と

 

ここまでの流れで「ワーホリダメじゃん!」的な感じになってますが
仕事はできると言えば逆の発想もあって、

 

「うまく行けば英語で仕事できる!」

 

というメリットが受けれる事も。

 

日系企業だろうが何だろうが
所在地がイギリスなので、英国人やその他多くの国の人とのアポなどは結構あり
僕も英語力に関係なく、たまに1人で取材とかに送り込んでもらったりしています。

 

結構苦戦しているのですが
前にも書いた下記の方法でなんとかしていたりもしてたり
なんとかなってなかったりも^^;

 

→【なんとかしている時】英語が苦手な僕が英語で仕事をする時にしている2つの事

→【どうにもならなかった時】ソチオリンピックの銅メダリストのJenny Jonesさんの講演に参加しました。

 

この辺はキャリア的な側面で
少しメリットがあるかもしれません。

 

■写真で現すとこんな感じ

ワーホリ 語学留学

 

相変わらず、画像作成の技術がなくてごめんなさい^^;

 

結局、大きな違いは仕事できるかどうかと
それがどう生活に影響するかどうかという事だと感じます。

 

このような感じで、表現するのがしっくりくるのですが
基本的に仕事と留学というのは結構な違いがあるのが印象です。

 

今後ワーホリで来られる人は、その辺を意識して
自分のアピールポイントと専門スキルが何かをしっかりと
考えて就活するのがよいそうです。
(人事長くやってる人に聞きました。)

 

仕事探しの方法はこちらの記事でもどうぞ!

 

→イギリスでワーホリ生が仕事探しをする方法

 

何か記事にしてほしい事があればTwitterで声かけてくださいねぇ^^
(メールのレスは今のところ60%程度でごめんなさい。。。)

 

https://twitter.com/Shinthanks

 

Shin

 

▼「ワーホリ留学ブログ@イギリス」は1人でも多くの方にイギリス生活の様子を伝えるために
日本ブログ村のランキングに参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス