2冊目の電子書籍「ワーホリ留学ブログ@イギリス(電子書籍編)〜体験談でわかる!イギリスワーホリ生活448日!〜」発売します!

電子書籍登録中の画面

 

こんにちは!

 

「ブログを読んでもらっている事=モテている事」

が大きな勘違いだと
今更気づいた榎本晋作(@Shinthanks)です。。。

 

 

そして、みなさん、
大変お待たせしてごめんなさい。。。

 

2冊目の電子書籍

「ワーホリ留学ブログ@イギリス(電子書籍編)
〜体験談でわかる!イギリスワーホリ生活448日!〜」

をやっとこさ発売します!

 

今回の電子書籍は

僕自身の体験談を中心に

「イギリスにワーホリするのってどんな感じだろう?」

っていうのが具体的にイメージできるものになっています。

 

ブログでは説明やノウハウ、生活情報がメインなので、
実はそこまで自分の体験談や、気持ち的な部分を書いていなかったので
今回はそこを書きつつ、準備から帰国までがストーリー形式で書きました。
(最後に目次書いておきます。)

 

今、審査中なので48時間以内には審査が通って
発売できると思います!

 

▼審査中の画面

審査中の画面

 

「お前の体験談なんて興味ねぇよ!」

 

とか言われてしまいそうで怖いですが

「多分、体験談をしっかりと書いて読む方が
ガイドブックよりも具体的にイギリスにワーホリする事をイメージしやすいかなぁ。」

と思ったので、発売する事にしました。

 

表紙はこんな感じです。

電子書籍の表紙

 

デザインセンスがなくてすいません、、、

 

価格は前回より安く598円に
させていただきましたm(__)m

 

まだまだ本を書くなんてえらい身分ではないのですが
もし、ご興味ある方いらっしゃいましたら、
ご購入いただければと思います。
(iPhone,iPad,kindleとか何でも読めます。)

 

審査通ったらこのブログでお知らせしますね〜。
(2日以内には!)

 

Shin

 

目次
タイトル:ワーホリ留学ブログ@イギリス(電子書籍編) 〜体験談でわかる!イギリスワーホリ生活448日!〜

■始めに〜心配性だけど憧れだけで海外に出てみました〜
■今、イギリスにいる。
■誰でもできる事をイギリスでしている。
■本書は執筆しようと思った理由〜意外に具体的な体験談って少ないですよね?〜
■心配性で臆病な僕がイギリスに来た理由
■そんな20代後半の男子が何のアテもなく海外に来てみたらどうなるのか?

 

第2章:出発前〜そもそも、イギリスで何をするの?〜
■意外と出発前が大変なワーキングホリデー
■ビザに応募、イギリス行きを決心〜ワーホリっていう制度があるのか!〜
■ビザに当選して気づいた目的の欠如
■ありがたいアドバイスをくださった2人の金融マン
■具体的な目標よりもルールを決める
■問題意識が生み出してくれたブログ開設
■いよいよ、出発

 

第3章: 渡英3ヶ月〜生活環境を整える事に大苦戦〜
■ここは、外国で、僕は外国人だ。
■初日で感じた「心のバリアフリー」
■ATMさえ使えない情けない男〜知らない、失敗したくないという恐怖〜
■沈黙の50分〜英語がわからないと孤独だった。。〜
■救世主現る
■30分もかかる携帯電話の契約〜言葉の壁以上に知識不足に苦しむ〜
■ロンドンの住宅事情〜生活費は家賃次第で決まる〜
■クリスマスの苦闘〜人生初のホームステイをする事に〜
■ホームステイの洗礼〜ご飯はおいしいけど。。。〜
■3ヶ月目の奇跡〜韓国人Youtuberソンナムとの出会い〜
■銀行口座開設〜住所証明がない!〜
■17回目の勝利〜ロイズ銀行の奇跡!〜
■僕は外国人

 

第4章: 英語との戦い
■言葉の壁
■シャイな日本人が直面した問題〜英語環境で味わう孤独〜
■開き直りが生んだ英語ノート
■Louise先生との出会い〜meetup.comの活用〜
■90日英語習得計画〜3ヶ月でイギリス英語をマスターするプロジェクト〜
■一言もしゃべれずに終わってしまった大学院のゼミ
■イタリア旅行〜非英語圏へ行く恐怖〜
■盗難事件からの再起〜英語力を気にしている場合ではない〜
■今になって英語について思う事
【コラム】やられた方が悪い? 〜備えあれば憂いなし〜

 

第5章: イギリスの日系企業で働く
■日系企業で働く事に
■「お前のコンサルティングを買ってやる」〜専門性を持つのが海外では大事〜
■イギリスの日系企業での労働環境〜イギリスで仕事をする〜
■日系ベンチャー企業での日常〜一気に日本社会に〜
■VS英語〜できて当たり前、だからできないとは言わない。〜
■イギリスで仕事をするなら身だしなみは大切!〜階級社会は格好で判断される〜
■このままでいいのだろうか〜抑えきれない焦燥感〜
■同じ焦りを感じているワーホリの人たち
■居心地のよい世界を飛び出す
【コラム】僕が感じたロンドンの魅力 〜世界中の友達ができるロンドン〜

 

第6章: 再起(次の人生のヒント探し)
■ゼロからのスタート
■廃人になる〜「何をしたいか」から「何をすべきか」を探す事に〜
■b-goodプロジェクトのスタート〜ロンドンは、社会起業家の先進都市だ!〜
■パキスタンフューチャーリーダーシップカンファレンス〜パキスタン人社会に飛び込んでみる〜
■十二指腸潰瘍〜海外で病気をする〜
■早めの帰国を決意〜彼らとビジネスがしたい〜
【コラム】 国際化のキーワード「友達」

 

第7章: 〜イギリス生活はどうだったか?〜
■帰国までの3ヶ月〜電子書籍を作る〜
■イギリスでの生活を振り返る〜簡潔に言うと結局何をしたのか?〜
■大変だった部分は評価されにくいワーホリ生活。意識しておきたい「形」に残す事と「客観的な事」
■電子書籍を出す事に〜ありそうでなかったイギリス留学のガイドブックを作る事に〜
■友だち
■帰国日〜住めば故郷〜
あとがき: 〜海外に行ってどうなるの?〜
■はりつめた気持ち
■今やっている事〜「自分と似た人の体験談を知りたいなぁ」を叶える活動を開始〜
■結局、イギリスにワーホリで来てよかったか?〜キャリアへの不安とイギリスで得たもの〜

 

 

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス