世界中で人気の日本人、琉球(沖縄)空手のパフォーマーのショーを観に行きました。

ORIENTARHTHM(オリエンタリズム)のサクラカツミさん

ORIENTARHTHM(オリエンタリズム)の琉球空手パフォーマー、サクラカツミさん

 

こんにちは!

イギリスに来てから日々、日本について勉強している
榎本晋作(@Shinthanks)です。
(海外に行くと日本人はみな、日本を知りたくなるようです。)

 

さてさて、
その流れで「日本(JAPAN)を学ぶ」の第四弾の記事です。

 

今回は、友人に誘ってもらい、
琉球空手とダンスをコラボレーションした
「ORIENTARHITHIM(オリエンタリズム)」
サクラカツミさんのパフォーマンスを観に行ってきました。

 

※ちなみに過去3回の活動はこちらです。

1.ミラノコレクションのクールジャポンのイベントに参加しました。
(経済産業省のクールジャポン推進プロジェクト)

2.山田平安堂さんの漆器(しっき)のイギリス展開
(職人手作りの漆器がヨーロッパに展開する時のマーケティングを学ぶ)

3.ロンドンでも密かに人気の合気道(Aikido)を体験
(ナイジェリア人に日本人が合気道を教わる)

 

 

■ORIENTARHYTHM(オリエンタリズム),琉球(沖縄)空手とは何か?

公式サイトよりスクリーンショット

▲公式サイトよりスクリーンショット

 

まず、琉球(沖縄)空手が何かとORIENTARHYTHM(オリエンタリズム)について
知っている限りご紹介します。

 

まず、琉球(沖縄)空手について。

空手は大きく分けると、

・「フルコンタクト空手(あのK-1とかで有名な極真空手とか)」
・「伝統派空手(寸止めが基本)」

の2種類あり、沖縄空手は大きく分けると、後者(伝統派)の方に分類されるようです。

※wilipedia「空手」より

 

では、沖縄空手とは何かというと

————————————————————

「沖縄空手道及び沖縄古武道は、沖縄古来の武術に中国より伝来した武術が合一し、
沖縄の風土の中で独自の発展を遂げた武道であり、護身の術である。」

■引用元:沖縄空手とは?(志道館藤田道場)

————————————————————

また、上記サイトに書いてあったのですが、
真意が定かでないにせよ、空手は「手」と記載されていた事という説もあり、
技の中にも、中国語が多く見られたりするそうです。

 

沖縄は歴史上、中国と貿易や文化の交流を盛んに行っていたので
空手の発展と中国は深く関わっているようです。

 

※僕も全く知らなかったので、帰ってから色々と調べるとこんな感じでした。
上記、引用元が非常に勉強になります。

 

コンセプトは日本的かっこよさ

▲コンセプトは日本的カッコ良さ(公式サイトよりスクリーンショット

 

そして、ORIENTARHYTHM(オリエンタリズム)さんについてですが
すごく簡潔に言ってしまうと、沖縄空手と、ダンスを融合させ、
世界中でパフォーマンスを行っているチームとの事です。

 

また、ロシア、アゼルバイジャン、韓国、中国、ブラジル、オランダなどで
テレビに出たりして世界中を飛び回っている大活躍しているそうです。

 

リーダーのサクラカツミさんは前日、
イギリスのBBCに出演されていました。

 

 

■サクラカツミさんのパフォーマンス「ダンスと空手の融合」

パフォーマンス中のサクラカツミさん

▲パフォーマンス中のサクラカツミさん

 

ロンドンにある「The Old Truman Brewery」で行われた、
今回のパフォーマンス(TAKUMI JAPANの会場内)。

 

まずは、空手というので、普通に型を見せてくれるのかと思ったら
全然そうではなく、バックにある映像と沖縄空手の型とフュージョンさせた
パフォーマンスショーでした。

 

背景にある影絵のようなものとサクラさんの動きが
見事にコラボレーションし観客の方を魅了していきます。

 

後ろのイギリス人の方も

 

「Amazing!(すげー!)」
「It’s like a video game!!(ビデオゲームみたいだ!)」

 

と言って興奮していました。
(本記事の最後にパフォーマンスの動画があります。)

 

また、ショーの最中にヌンチャクが出てきたので

「ま、よくある話だけど、日本の物がヨーロッパに出ると
中国とか韓国とごちゃまぜになっちゃうのね。」

 

とか思っていたのですが、公式サイトにおもいっきり
日本古来のものだと書いてありました。

————————————————————————————

ヌンチャクは映画等のイメージから中国のカンフーで使うものと思われがちだが、
実は日本古来のもの。

12世紀頃の沖縄で「琉球古武術(空手の前身)」が誕生したが
その時に農耕具を使った護身具として考案されたものがヌンチャク。

元は馬具のハミの部分であった。

※オリエンタリズム公式サイト「コンセプト」より引用

————————————————————————————

 

何でもそうですが、よく調べた事がないものや証拠がないものを
先入観のみで見てはいけませんね。。。

 

■パフォーマンスの後のトークショー「自分の言葉で伝える重要性」

慣れない英語でも伝える姿勢で話すサクラカツミさん

▲慣れない英語でも伝える姿勢で話すサクラカツミさん

 

パフォーマンスの後はトークショーが行われました。

通訳の方がいらっしゃったのですが

” My English is not so good by I’ll speak by myself.
(俺の英語はgoodじゃないけど、自分で話します。)”

と観客の方に伝え、
英語で自分のパフォーマンスについて説明されていました。

 

英語力について謙遜してらっしゃったのですが、
世界中で活躍されているだけあって、
しっかりと伝わる英語を話させれていました。

 

また、僕がすごく学ばなきゃいけない部分だと感じたのは
「自分の言葉で伝える姿勢」です。

 

メジャーリーグで活躍されるイチローさんは、
プレーで見せるのが仕事なので
あえて、メディアなどで誤解を生まないために通訳をつける話は聞きますが、

 

サクラさんがパフォーマーなので、
「自分の言葉で伝える」のは
ショーを盛り上げる意味でも大事なのだと感じます。

 

また、個人の事で申し訳ないのですが
何もあてがなく海外に出てきた自分の場合も
物事が好転する時は、必ずこのような能動性があった時だと最近気づかされます。

 

そして、サクラさんのトークは空手についてがメインでしたが
観客を驚かせたのは、その年齢です。

 

観客の方「あなたは何歳なんだ?」
サクラさん「何歳だと思う?(にこり)」
観客「25歳!?」
サクラさん「いや、実は50歳。納豆と豆腐の力でこの若さが維持できた。」

 

50歳であの動きは、すごい。。。
(豆腐、納豆、空手でアンチエイジングビジネスできるのでは!?)

 

空手の伝統とダンスの持つ魅力を融合させた迫力は、
何時間も見ていたかったのですが、観客のアンコールの声に

 

サクラさん「俺の年齢を考えてくれよ(笑)」

 

との事でアンコールはなかったので、
また機会があれば観に行きたいと思います。
(今年からロンドンでも活動するそうです。)

 

■当日の動画はこちら!

 

 

まだまだ日本について学ぶシリーズは始まったばかり、
これからも、ロンドンからお届けしますので、よろしくお願いします!!
(できれば個人的には「和食」か「日本酒」を知りたいと思ってます。)

 

Shin

 

▼「ワーホリ留学ブログ@イギリス」は1人でも多くの方にイギリス生活の様子を伝えるために
日本ブログ村のランキングに参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス