英語しゃべれないので、しゃべれる人に教えてもらう事にしました!

英語しゃべれないので、しゃべれる人に教えてもらう事にしました!

「英語がしゃべれない!」

 

こんにちは、未だにビザの手続きさえせずに、イギリスに旅立つ前にジタバタしている榎本晋作です。

 

何でも書いてますが、私は上記のような、日本人にとって至極当然(only natural )な悩みを持ってます。

通常は語学学校に行ったり、現地に行ってから対策する(実践トレーニング)ものなのだと思うのですが、過去に数多くの英語教材や、英語スクールで失敗してきている私にしたら、現地に語学学校とて信用なりません。

 

■ワーホリの人間を雇っても英語しゃべれなくて困る!

昨年、イギリスでレストランのオーナーをやっている方から、このような事を聞きました。つまり語学学校行っても、まだまだ実践レベルにはほど通りのかもしれません。

 

「そんなのは心の持ちようややる気も問題だ!」

 

という意見が最もですが、そもそも学校の成績が高校2年時にほぼ最下位だった私は、元来「学校の勉強をコツコツやる事が苦手なのです!」
語学学校に通おうが通うまいが、普通に制度に任せてうまくいくはずありません。

 

■とりあえず、日本でできる事はやる!

 

前置きが長くなりました。前に記事にした3月4月のルーム・トゥ・リードでのプロジェクトが終わり、現在、英語をしゃべる機会どころかメールで打つ機会もほとんどなくなってしまいました。

 

「とりあえず、日本にいるうちにやれる事はやる!」という、ブラジルに渡る前にポルトガル語を学習してたキャプテン翼の大空翼くんのように、日本でやれる事をやったろうと思います。(キャプ翼知らない人ごめんなさい^^;)

 

なので、先日、知り合いになった海外の大学を出ている方に「英語を教えてください!」と懇願しました。このような図々しいお願いを快く引き受けてくださる神懸かりな優しさの持ち主でめちゃくちゃ助かりました。いつか恩返しができるくらいでかい男になりたいと思います。

 

さてさて、なので、ルーム・トゥ・リードでの学習も含め、次回以降、復習がてら、その英語学習についても書いていきたいと思います。

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス