イギリスに観光ビザで留学できるかどうか?(最大期間はどれくらい?)

空港の写真

 

 

こんにちは。

この前「留学って何?」と聞かれて
ググってしまった榎本晋作(@Shinthanks)です。

 

この前、

「語学学校に行かずに
観光ビザ使ってイギリスにいたいんですけど
最大でどれくらいの期間いれますか?」

 

という質問をいただいたので
今日はこの事について書きたいと思います。
(入国審査の事については、知識程度で
確実な情報ではないので、ご容赦ください(>_<))

 

■2015年2月現在、日本人はイギリスに観光ビザで最大6ヶ月いれます。

ロンドンウェストミンスター駅の風景

▲ロンドンウェストミンスター駅の風景
(ビックベンやテムズ河のあるところです♪)

 

英語力は十分で、
特に学校に通う必要もなく、
イギリスに住みたいという人は結構いて
僕もイギリス時代は結構そういう友人がいました。

 

『イギリスワーホリ留学ガイドブック』
でも書いたのですが、
現状、日本国籍のパスポートだと、
イギリスには最大で6ヶ月滞在できます。
(確か日数ではなく、月数なので、
12月1日に入国したら6月1日までです。)

 

でも、「なんで半年も観光ビザでいたいの?」
とか入国審査で聞かれて、答えられず
3ヶ月にされてしまうケースも
結構あるので、大事なのは入国審査になります。

 

というわけで、
入国審査の際に持っておくと便利なアイテムと
注意点を紹介します。

 

■観光ビザで入国する際に便利なアイテムと注意点

銀行残高証明

▲銀行が発行してくれる英文残高証明

 

僕の仕入れた限りの情報だと
入国審査のポイントは

 

・こいつ、なんで半年もいるんだ?(滞在理由は何?)
・働く気じゃないだろうな?(金あるの?就労ダメだよ。)
・ずっといつく気じゃないよね?(半年以上いるないよね?)

 

という突っ込みにちゃんと対応できる事です。

 

ですので、対策は
これに対するカウンタートークとアイテムを
準備します。

 

・滞在理由を言える事(イギリスの色んな所を周りたいとか、友達いるとか)
・銀行の英文残高証明(大丈夫、金はあるよ。)
・帰りの航空券(大丈夫、この日に帰るから。)

 

上記のアイテムや対策をしておくと
比較的安心のようです。

 

銀行の残高証明の発行方法については
こちらに記事をごらんください。

 

→【イギリスビザ申請日記02】銀行で英文残高証明書を発行する際に必要な持ち物

 

銀行の残高証明の金額は
イギリスの長期留学ビザ(ESVV)を審査基準が
1ヶ月1,000ポンド(約18万円)なので、
半年であれば、最低6,000ポンド(約110万円)の資金証明が必要になります。

 

また、帰りの航空券が
どうしても用意できない場合は
「帰りの航空券が買える資金がある事」を証明できるといいそうです。
(つまり、残高証明でもっと多くのお金を証明する。)

 

これでもダメな場合は
3ヶ月後に一度フランスに行ってから
再度入国するという強引な技を使っている人もいました^^;

 

※さすがに入国審査官ではないので
確約できなくてごめんなさい^^;サイシュウハンダンハジコハンダンデオネガイシマス。

 

超〜〜理屈っぽく芸術に対して
「うん、なんかすごいね。」
とコピペのような発言をしてしまう僕ですが、、

 

そんな僕でも、イギリスは住むだけでも
本当に伝統ある街並で感性が磨かれる感じがしたので
もし、観光ビザで住んで何かを体験したいという方が
いらっしゃいましたら参考にしてみてくださいね^^

 

Shin

 

 

▼「ワーホリ留学ブログ@イギリス」は1人でも多くの方にイギリス生活の様子を伝えるために
日本ブログ村のランキングに参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス