日英交流イベントがきっかけで友達になった友人の誕生日会でラクレットを食べるの巻

友人のニコ、フランソワーズ、アービーとPUBで

▲友人のニコ、フランソワーズ、アービーとPUBで

 

こんにちは、ロンドンでも
出不精なためにあまりパーティーとかに参加しない人
榎本晋作(@Shinthanks)です。

 

とまぁ、毎度おなじみですが

「出不精、人見知り、iPad中毒」

という社交性が欠如してしまう最悪のパターンに
はまりつつある僕ですが
先日は、友人のフランス人フランソワーズ(僕の隣で顔を出している彼)の
パーティーに参加してきました。

 

「パーティー楽しかったーーー!!!!」

 

みたいなリア充な事を書いても
役には立たないと思うので、
今回は、何をきっかけにこのパーティーにお呼ばれしたかを
ご紹介したいと思います。

 

 

■日英meetupからつながりました。

パーティーの様子

▲パーティーの様子

 

多くの人は語学学校時代の友人から
つながるパターンがメジャーだと思うのですが
友達作るために高い語学学校に
何度も通うというジレンマにハマる人も多いそうなので
今回は比較的簡単な方法をご紹介します。

 

簡単にまとめると

・日英交流Meetupに参加☆

・そこでニコというフランス人と友達になる

・ニコからFacebookでPUBに誘われる☆

・そこにフランソワーズとアービーがいる

・みんなで卓球をする

・Facebookにてフランソワーズからパーティーに招待される

・参加してラクレットを食べる。

というオーソドックスなパターンです。

 

と思うのですが、友人に聞いたところ
僕のように腰の重い日本人は
「☆」のアクションを取らないケースが多いようです。

 

 

☆の1つ目の「日英Meetup」とは、
日本に興味がある外国人が集まるイベントです。

 

まぁ、本当にお茶するだけのゆるい会なのですが
日本に興味ある外国人なので、比較的簡単に友人が作れるという
ハードルが低いものになっています。
(Meetup.comやmixbにて発見可能なイベント)

 

☆の2つ目はで大事のは「突然のお誘い」に
ノリで対応する事。

 

ヨーロッパの人間たちは
「ノリ」でPUBとかに誘ってくる事があるので
「ノリ」についていけると友達になりやすいのだと
イギリス生活で気づかされました。

 

とまぁ、出不精な自分が
言うのもなんですが、上記の方法が
どこの海外でも使える黄金パターンのようですので
英語力に自信がない段階ではおすすめです。

 

というわけで残りは
ラクレットの紹介!

 

▼ラクレットをみんなで作る
(チーズを焼いて溶かしてホイルに包まれたジャガイモにかけます。)

ラクレットをみんなで作る

 

▼ラクレットの完成系

ラクレットの完成系

 

▼日本から友人の美里さんがいらしてくれました。
(朝日町のりんごをヨーロッパにプロモーション!)

日本から友人の美里さんがいらしてくれました。

 

 

また、日本人がいないイベント情報の見つけ方については
こちらの記事でも解説しているので、合わせてご参照ください。

 

→【イギリスを100倍楽しむ情報Vol.22】イギリスで日本人がいないイベントを見つける方法

 

以上、年末非リア充で
電子書籍必死に書いている榎本晋作がお届けしました〜。

 

Shin

 

 

▼「ワーホリ留学ブログ@イギリス」は1人でも多くの方にイギリス生活の様子を伝えるために
日本ブログ村のランキングに参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス