世界一の観光スポット、パリを1日で周りきるの巻!

ルーブル美術館の前で

▲ルーブル美術館の前で

 

こんにちは。

旅をしていてもWi-Fiを探してしまう男
榎本晋作(@Shinthanks)です。

 

さて、パリ2日目の事です。

 

この日はRoom to Readでお世話になってた美里さんと一緒に
パリの王道ツアーコースを弾丸で回ってきました!

 

※朝、水が出なくなるトラブルがあったため、
髪の毛がぼさぼさでごめんなさい^^;

 

1.凱旋門の中に突撃!

凱旋門の前で記念撮影

▲凱旋門の前で記念撮影

 

まずは、王道中の王道、凱旋門へ。

中を登る事ができたので、登ってみました。

 

ちなみに価格的には、
確か1人10〜15ユーロくらい(正確な値段忘れてすいません。)で
イギリスの銀行のデビットカードや日本で契約したクレジットカードも使えます。
(JCBは使える所が少ないので注意!)

 

▼階段を10分くらい登って行きます。

階段を10分くらい登って行く

 

 

▼凱旋門の屋上はこんな感じ

凱旋門の屋上

 

▼屋上から見えるエッフェル塔

屋上から見えるエッフェル塔

 

▼エッフェル塔と僕

エッフェル塔と僕

 

 

2.エッフェル塔とセーヌ川クルーズでパリを完全制覇!

セーヌ川と僕

▲セーヌ川と僕

 

次はエッフェル塔とセーヌ川。

エッフェル塔よりも凱旋門を登る方がおすすめと教えていただいたので
エッフェル塔は登らずに、記念撮影にとどめ、セーヌ川のクルーズをセレクトしました。

 

セーヌ川のクルーズは、すごく素晴らしいのが
パリを一気に見れてしまう事。
(完全制覇!)

 

耳につける音声ガイドも、
なんと英語、スペイン語など8カ国語対応!

日本語もあるのですが、変な日本語ではなく
奇麗な日本語でした。
(この辺が1年に6000万人も観光客が訪れる
フランスのすごさだと感じました。)

 

▼エッフェル塔と記念撮影

エッフェル塔と記念撮影

 

▼セーヌ川のガイドさん(8カ国語をしゃべる!)

セーヌ川のガイドさん

 

▼おみやげにむらがる少年少女たち(ガイドさんの凄腕で完売してました。)

おみやげにむらがる少年少女たち

 

3.オペラ座のデリシャスレストランでランチ!

オペラ座

 

クルーズが終わると午後2時になっていたのでランチを食べる事に!

オペラ座のすぐ隣の道にある、
レストランも普段は混んでいるそうなのですが
この時間は空いていて、窓際の席で優雅にランチをいただきました。

 

▼ソーセージとフレンチポテト(確か、8ユーロくらいだったと思います。)

ソーセージとフレンチポテト

 

▼本日の日替わりデザート(これは本気でおすすめ!さすが、フランス!)

デザート

 

 

4.これでもか!というくらいヨーロッパの芸術を感じれるルーブル美術館!

フランスイタリアの絵画が1日で回りきれないほど展示されていました。

▲フランスとイタリアの絵画が1日で回りきれないほど展示されていました。

 

次はパリの観光地として最も有名なルーブル美術館へ!

モナリザをはじめとするフランスとイタリアの絵画が
1日で回りきれないほど展示されています。

 

中に入ったのが、15:00頃だったのですが
18:00の閉館まで、粘ってしまうほど見入ってしまいました。
(芸術的センスのかけらもない私ですが
芸術は好きなのです^^;)

 

▼ルーブル美術館の中の様子

ルーブル美術館

 

▼モナリザの前のひとだかり(アイドルみたいでした汗)

モナリザの前のひとだかり

 

▼モナリザの前で記念撮影!(すいません、お決まりの事ばかりで^^;)

モナリザと僕

 

▼王位継承なう(めちゃ恥ずかしかったですが、してみました。ナポレオンさん、ごめんなさい。。)

王位継承なう

 

▼ジャンヌダルクさんだと思ったら違ったみたいです^^;

ジャンヌダルクさんだと思ったら違ったみたいです^^;

 

▼入り口のピラミッドで記念撮影

ルーブル美術館の前で

 

 

パリ弾丸ツアーのレポートは以上です!

後はシャンゼリゼ通りでショッピングとベルサイユ宮殿が残っていますが
10:30出発で18:30だと、この辺がマックスでしたので、
そちらは3日目に行きました!

 

弾丸ではありますが、フランスの歴史などを知れ
また、ルーブル美術館は翌日も来たくなるほど素晴らしい絵画ばかりでした!

 

2日くらいパリ回って、モンサンミッシェルとか行くのが
パリ観光の最高の贅沢だろうなぁと感じました。

 

余談ですが、ヨーロッパは公共トイレ(PUblic Toilet)が少ないので
見つけたら必ず入っておく事をおすすめします!

 

Shin

 
▼「ワーホリ留学ブログ@イギリス」は1人でも多くの方にイギリス生活の様子を伝えるために
日本ブログ村のランキングに参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス