3ヶ月でイギリス英語プロジェクト!【Day07】パンはスペイン語でも「パン」らしい。

中国人のアート系学生Yang,スペイン人のFederico,イギリス人のFaisal

▲中国人のアート系学生Yang,スペイン人のFederico,イギリス人のFaisal

 

おはようございます!

榎本晋作(@Shinthanks)です。

 

12月26日のイギリスはクリスマス明けのBoxing day
バスや電車も休日ダイヤですが、動きだしたので

 

「3ヶ月でイギリス英語が話せるようになるプロジェクト
(90 day’s English Training!!)」

 

もなんとか、face to faceのconversation に復活です。

 

さて、今回は、夜のPUBにてMeetupに参加!

まさかのオーガナイザーが来ないという自体でしたが
・中国人のデザイナー(マスター習得中)のYangちゃん
・スペイン人のFederico
・イギリス人(オリジナルはイラク)のFaisal
(イギリス育ち、スペインで5年働いていた。)

 

とのPUBトークをしてきました。

 

スペインの事を色々と聞くと、経済の事もそうですが
2つの意外な事実がわかりました。

 

・スペインでは「シェスタ(昼寝)」をする人は少なく、
pM2:00-PM5:00まで小さなお店が閉まっているくらい
・スペインでもパンは「パン」である(breadではない。)

 

ちなみに「シェスタ」ではなく「しぃぇすた」と発音すると通じます。

でも、よくよく考えると、英語で書くと「Siesta」らしいのでそうですよね^^;

 

パンのくだりについても、そういえば、日本にパンが伝わったのは

 

織田信長の時代で、
その時にスペイン人(ポルトガル人?)が来たから的な事を思い出しました。

 

ちなみに、イギリス人のFaisalは
僕とyangちゃんが困ったら、
漢字を書いて会話しているのを見て驚き

 

「Hey Yang can you read it!?

(ヤンちゃん、これ読めるの!?)」

 

とか言ってました^^;

 

僕がちゃんと、歴史を知らないために
日本が中国から漢字を習ったのを説明するのに、
若干苦労しましたが、なんとか伝えられてよかったです。

そして、この事実はYangちゃんも知らなかった模様。

 

自国理解って大事ですよね^^;

 

まだプロジェクト開始1週間ですが
だんだんですが、英語で軽い会話くらいなら
あまり苦労しなくなってきた感じはあります。
(聞き取れればですが。)

 

ここからさらに、加速していきます!

 

イギリス英語での英会話スキル習得まで、後83日!

 

Shin

 

▼日本ブログ村のランキング参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
 

 

 

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス