【円安対策Vol.2】日本円をポンドのトラベラーズチェックに変えてきました。

吉祥寺の外貨両替所
吉祥寺のワールドカレンシーショップ

 

こんにちは。
お金を稼ぐ事と同じくらい管理する事が大事だと気づき始めた榎本晋作です。

 

わずかな資産ですが、知ってるのと知らないのでは後々大きな違いが出てくると思い、日夜、実践学習中です。

 

さてさて、前回記事(【円安対策!】とりあえず、トラベラーズチェックでポンドに交換しておく!)にも書いた通り、円をポンドのトラベラーズチェックに交換してきました。

 

■いざ、吉祥寺で交換!

 

休日という事で銀行は銀行はやっていないので、吉祥寺アトレにあるワールドカレンシーショップに現金で47万円ほど持っていきました。
(現金持ち歩かない人間なので、びびりながら吉祥寺の街を歩きました^^;)←小心者です。

 

さてさて、交換した結果47万3,000円ほどで、2900ポンドになりました。大体1ポンド163.10円くらいですね。
一見損してそうですが、当日の為替レートが1ポンド156.20円くらいだったので、UFJ銀行だと手数料12円なので168.20円くらいになるようですので若干お得です。

 

■トラベラーズチェックの注意点

 

ポンドのトラベラーズチェック
200ポンドのトラベラーズチェック

さてさて、若干お得なようにも思えますが、世の中そう甘くはありません。
トラベラーズチェックは若干不便なのです。

 

■トラベラーズチェックの不便なところ

————————————————————

1.使える店が少ない
2.使うためにパスポートの署名と同じサインが必要(めんどくさい)

————————————————————

2はさしたる問題ではありません。ただ書けばよいだけです。問題は1で、実際に生活するとなると若干不便です。
なので、解決策としては、下記のような方法を薦められました。

————————————————————

1.現地で口座をそこに入金する
2.使えるお店ではトラベラーズチェックで対応

————————————————————

ちなみに1の方法をとると若干の手数料がかかるようです。
その時の相場によっては損する可能性もありますが、現地に行ってどうなるか楽しみです。

 

ま、一見すごい事やっているように見えますが最大でも損害でも10万程度の損害に収まると思うのでいい学習です。

 

【追記】

後で調べたのですが、FXの口座で持っておくと手数料が安く済むようです。ここにおけるメリットデメリットなども考慮して次はこれでいこうかと。
(その前に交換する日本円を稼げという話ですね^^;)

 

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス