【イギリス外食シリーズ06】ロンドン一の寿司レストランのランチでおもてなし!

シェフスペシャルメニューのアン肝

▲シェフ特製のアン肝メニュー

 

こんにちは、
毎度ひどい食生活で多くの方にご心配をかけてしまっている
ロンドナー榎本晋作(@Shinthanks)です!

 

そんなひどい食生活を送っている私が
今回はロンドンのスーパーラグジュアリーな外食を
紹介してしまう事をお許しください^^;

 

こんな物を食べてしまいました。。。。

 

▼ランチのスターター(寿司)

寿司ランチのスターター

 

 

■なんでこんなラグジュアリーなお店に行ったか?

一緒に行ったあつこさん

▲一緒にいったあつこさんと

 

え〜、なぜ、このようなラグジュアリーな物をいただいたかというと
実は先日、日本時代、
チャリティーマラソン大会パラカップ
お世話になっていた、あつこさんが
東京からロンドンに旅行でいらしてくれたのが理由です。

 

やはり、ロンドンにいらしてくれた方には
おもてなしをしたくなってしまうのが
日本人の性(さが)でして^^;

 

先日の「【ワーホリ仕事風景】食のイベントにて有名レストランの寿司職人のお手伝うなう!
の記事でも紹介しましたが
今回ランチさせていただいたのは
Zagatでもロンドン一の日本食店と紹介されている
Yashin Ocean Houseさんです。

 

■Yashiさんのメニューを一部紹介!

 

西京焼き

 

えっと、とはいえ数十万するものではなく
ランチなら1人25〜40ポンド(約5,000〜8,000円)くらいで
食べれる感じです。

 

ロンドンはパリなどと違い
ミュージアム、博物館、ビックベンなどが無料なので
観光にかかるお金をここに費やしたイメージです笑
(パリは、1カ所10ユーロ、約1,450円以上します。)

 

という個人的な事情はこのくらいにして、
「何が食べれるのか?」という事を説明するために
メニューの方を一部紹介させていただきます。

 

上の画像が西京味噌焼き。

えのき茸や野菜などで彩りされているソースの
白い部分はなんと、豆腐のにがりから作れているそうです。

 

☆醤油なしで食べれる外国人に人気の寿司☆

寿司ランチのスターター

 

お店のお客さんも基本的に日本人以外の方ですので
お寿司も日本の寿司スタイルを守りながら現地にローカライズされています。

 

このお寿司は醤油なしで食べれるのと、
それぞれのネタに合わせた味付けが施されているので
ネタを1つ1つ楽しむ事ができます。

 

☆豆腐味噌カプチーノ☆

豆腐味噌カプチーノ

 

前にもブログで紹介しましたが
驚く事に、このカプチーノの中身は「みそ汁」です!

そして上のふわふわした泡は、
豆腐から作れています!

 

味噌の辛さを豆腐が
中和してくれるのでGoodでした。
これは個人的に
日本でも食べたい一品です!

 

☆デザート☆

デザート

 

デザートは8種類の中からセレクトできて
日本人のパティシエの方が作っています。

 

上記のものの他、和洋融合した
デザートがいっぱいありました。

▼こんな感じ。

Yashin Ocean Houseのデザート

 

このデザートに手をこだわるのが
ついつい友人をこのお店に連れてきてしまう理由の一つです^^;

 

▼外観はこのような感じ

Yashin Ocean houseの外観

 

 

1つ1つの料理にこだわりや
デザインと言っていいのかわからないのですが
アーティスティックなところがあるので、
味の他に話のネタにもなり「楽しい時間」を過ごせるのがおすすめポイント!

 

ロンドンにいながら
パスタ(with塩)と出前一丁(with出前一丁)ばかり食べている
自分にとって、ここは砂漠のオアシスです。
(いや、ただ普段ケチりすぎているだけです^^;)

 

まぁ、僕のキャラではなかなか魅力が伝えきれないので
詳しくはお店のサイトを見てください^^;
(めんぼくない。。。)

 

http://yashinocean.com/

 

さぁて、次回もどんな外食を
紹介するか楽しみにしててくださいね〜。

 

 

Shin

 

 

▼「ワーホリ留学ブログ@イギリス」は1人でも多くの方にイギリス生活の様子を伝えるために
日本ブログ村のランキングに参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス