【ワーホリ仕事風景】食のイベントにて有名レストランの寿司職人のお手伝うなう!

Yashin SushiのShinyaさんと

▲Yashin SushiのShinyaさんと

 

こんにちは、
小6の頃、「将太の寿司」を読んでイワシの寿司を握っていた
ロンドン在住の榎本晋作(@Shinthanks)です!

 

さて、毎度おなじみの
どうでもいい自己紹介からスタートしましたが本題。

 

 

■Speciality & Fine Food Festivalにスタッフとして参加してきました!

Speciality & fine food festival fairのサイトからスクリーンショット
Speciality & fine food festival fairのサイトからスクリーンショット

 

さてさて、今回はイギリスワーホリで働く人の
仕事の様子を紹介します。
ロンドンでは毎年バイヤーさん向けに食をテーマに商品を紹介する
“Speciality & Fine Food Fair(以下、SFFF)”というイベントがあります。

 

僕のロンドンでの取引先で
Webマーケティングのお手伝いをさせてもらっている企業があるのですが
そこが今回「日本の酒、そして食品」をテーマに出店されていたので
お手伝いをしてきました。

 

SFFFには、その他日系の企業だとJapan Centre(通称ジャパセン)さんや、
政府系機関ですとJETROさんが出店されていたようです。

 

うちのブースもそうですが、他のブースもイベント時には
ワーホリの人がバイトで参加しているようですので、
もしかしたら読者の方で来年は出店側でいらっしゃる方もいるかも!?

 

■ロンドンでも名高い有名な寿司レストランによるデモンストレーション!

Yashin Sushiのダニエルさん

▲2日目のデモンストレーションを担当したYashin Sushiのダニエルさん

 

さて、うちのブースのメインの目玉で”Yashin Sushi”(ヤシンスシ)という
高級寿司レストランの職人によるデモンストレーションがありました。
(上記写真は日本人ではないですが、1日目と3日目は日本人でした。)

 

同じブースという事もあり、
本の少しだけ最終日お手伝いさせていただきました。
(冒頭でも書きましたが、かつて寿司職人になりたかった僕としては
これは地味にうれしい限り!)

 

その時の写真

 

 

▼一緒に写真を撮ってもらいました!

一緒に写真を撮ってもらいました!

 

とまぁ、いつもはWebマーケティングや
現地の起業家のスペースの事ばっかり発信している仕事関係のブログですが、
今回はちょいと趣向を変えてお届けしました〜。

 

しかし、6年ぶりくらいの立ち仕事、、、

疲労感半端ないですね^^;

 

Shin

 

P.S

 

ちなみに”Yashin Sushi”さんは、
ロンドンでもかなり名高い高級寿司レストランで
ZAGATなどの有名なレストランガイドでも
しょっちゅう取り上げられています。

 

Yashin Sushi & Bar Facebookページ

 

現地にローカライズされた本格寿司が食べれるので
本気でいい経験になりますよ〜。
(僕には値段的に敷居が高いのですが、あまり飲まなければ2人で
150ポンド(約26,500円)くらいで食べれたりもします。)

 

本格醤油なしで食べれる寿司

醤油をつけずに食べれるお寿司

 

うなぎとトリュフのポン酢ジュレ!

うなぎとトリュフのポン酢ジュレ

 
▼「ワーホリ留学ブログ@イギリス」は1人でも多くの方にイギリス生活の様子を伝えるために
日本ブログ村のランキングに参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス