イギリスに来て初めて、瞑想に参加しました。

瞑想が行われいる職場のコワーキングスペース

▲毎週月曜に、瞑想が行われいる職場のコワーキングスペース

 

こんばんは!
ロンドンで活動するフリーランサー
榎本晋作(@Shinthanks)です。
(早いとこ「活躍する」に変えたいです。)

 

さてさて、昨日は、
僕が、いつも働いているコワーキングスペース
HUB Islingtonにて

 

「Mindful Mondays
(瞑想しようぜ、月曜日!)」

 

というイベントがありました。
(写真撮り忘れたので、代わりのものでごめんなさい。。)

 

瞑想自体は日本で何回かやった事があるのですが
まさかイギリスに来て、する事になるとは不思議な気分です。

 

ちなみに、こちらでは瞑想は、かなり人気で、
「Meditation」と言えば普通に通じます。

 

■ランチを食べた後に15分の瞑想(Meditation)時間

 

いつも、僕に「コニチハ」と話しかけてくれる
Andyのファシリテーションによりランチをみんなで食べてから
目を閉じて瞑想に入りました。

 

みんな、目をつぶる中、集中して
15分間瞑想をした後にフィードバックが始まります。

 

■「1週間で6時間は大変だよ!」

 

フィードバック時間に
Andyの友達の講師の方から

 

「これを1週間で6時間やれば人生が変わるよ。」

 

との言葉が。

 

それに対し、参加者から

 

「いやぁ、それ大変だよ、どうやって継続するの?」

 

18:00、遅くとも19:00には仕事が終わる
ロンドンですが、それでも、意識して
瞑想する時間を取るのは難しいようです。

 

「朝やるのが、いいよ」

「Tube(電車)の中で10分でもいいぞ」

「私はバスでやってるわ。」

「Facebookやってる時間でやればいいのだよ。」

 

などなど、みんな独自の方法で続けているみたいです。

この辺は日本と似てますね。

 

所変われど、
人間が何かを習慣化するのは難しいのは一緒みたいです。

 

ちなみに終わった後にAndyに
「いつやってるの?朝がいいの、夜がいいの?」
と質問したら

 

「俺は朝、シャワーを浴びた後に、
それが一番リフレッシュするからいいよ。

Shin,朝ご飯食べた後は、ダメだ。
重いぜ、それは。」

 

との事。

 

真剣に興味がある事を聞くとき、人は英語力を超えて

「意地でも伝える」

という姿勢が生まれるのだと後で気づきました笑

 

忙しい事を言い訳にしてはいけないので
僕も今日からやろうと思います!

 

Andyありがとう!

 

Shin

 
▼「ワーホリ留学ブログ@イギリス」は1人でも多くの方にイギリス生活の様子を伝えるために
日本ブログ村のランキングに参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス