イギリスでサンクスギビングデーに参加させてもらう。

パーティー前の準備(なぜか逆さま^^;)

▲パーティー前の準備(文字が逆さまに^^;)

 

こんばんは!

 

毎日、日本食が食べたくてうなされている
榎本晋作(@Shinthanks)です。

 

2週間ほど前の話になりますが、
6日間だけ滞在していた、シェアハウスにて
イギリス人のRusseellとアメリカ人のColeenのカップルが
「Thanks giving day(サンクスギビングデー)」の
パーティーをするというので参加させてもらいました。

 

ちょうどいい機会なのかどうかわかりませんが
せっかくなので、今日は、
ヨーロッパのファミリーパーティーの様子を紹介します。

 

実は、当日の朝まで参加する予定はなかったのですが、
朝、起きたらブログを書いていたら、
下の階からやたらいい匂いがするので
キッチンに行ってみました。

 

すると、シェアメイトが
うまそうなターキーを焼いているのを発見!!!!

 

こいつです。

ひたすらいい匂いをさせていたターキー

 

 

「これは、ぜひとも食べたい!
(I wanna have it!!!)

と思ったので

 

「Oh great!! Is there any event today?
(すげー、今日なんかあんの!?)」

 

とわざとらしく聞いてみて
しばらく会話が進むと

 

「Can I join?
(参加していい?)」

 

と厚かましくも聞き
「Of course」との回答をもらいました(/o^∀^o)/

 

一応、なぜアメリカのイベントである
Thanks giving dayを、イギリスで行うかと言うと、
上述の通り、Coleenがアメリカ人だからです。
(この状況を理解するための英会話が自分には大事!)

 

ちなみにカップルはこの2人です。

Russellとcollen

 

■パーティーの準備が終わり、Russellの家族が到着!

 

ターキーはこのような形に!

 ▲ターキーはこのような形で振る舞われる。
(北京ダックの皮以外の部分みたいでした。)

 

 

パーティーの準備が終わると、
Russellの家族が7人くらい来て、宴が始まりました。
驚いたのが、始まったのが15:00で、
終わったのが18:00という事でした。

 

イギリスに来て、一番感じるのが
仕事にしても、遊びにしても、
みんなダラダラと長くやらずに、
一つ一つを濃く短く行うという事の大切さです。

 

 

さて、肝心のパーティーですが
英語力がとてーーも低い上に
超身内なパーティーに乱入させてもらっている自分なので
なかなか会話に入りづらい状況^^;

 

でも、幸いにも、ワインがいっぱいあったので
お酒の力を借りて、なんとか楽しく過ごせました。

 

言葉で打開できない事態は酒でなんとかするのが
最近、覚えた技です^^;
(でも、こうすると自然と単語もスラスラ出てくるのが不思議。)

 

他人の家族のパーティーに参加するのは、
結構大変でしたが、なんとか楽しく過ごせました!

 

やっぱ、笑顔と乾杯は
世界共通言語ですね笑

 

最後に、記念写真!Russellの家族とシェアメイトのAyumi-chan
(カメラマン買って出た自分は入れず。。)

Russellの家族とシェアメイトのAyumichan

 

なので、後日、記念写真!

coollenと

▲Coleenと!(なぜか、にやけ顔ですいません。。。。)

 

 

Russellと

▲Russeellと(バスケ部出身でめちゃくちゃ背が高い!!)

 

 

 

すばらしい時間をありがとう、Russeell,Coleen!

 

3時間のパーティーを家族で楽しむゆとりは
自分もこれから見習おうと思います!

 

I never forget U 😀

 

Shin

 

▼日本ブログ村のランキング参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス