ネルソン・マンデラ氏が亡くなった日のイギリスの報道

ネルソン・マンデラ氏が亡くなった日のイギリスのフリーペーパーMetroの一面

▲ネルソン・マンデラ氏が亡くなった日のイギリスのフリーペーパーMetroの一面

 

こんばんは、
榎本晋作(@Shinthanks)です。

 

2013年12月6日、アパルトヘイト撤廃に命をかけた
南アフリカ共和国の英雄ネルソン・マンデラ氏がなくなりました。
僕は、ニュースで知っていたのですが
ある光景を見てびっくりしました。

 

フリーペーパーMetroが一面,二面を足してマンデラ氏を報じている。

 

毎朝、駅で無料で配れられるフリーペーパー「Metro」が
既に決まっていた一面の上から2面を継ぎ足す形で
ネルソンマンデラ氏の事を報じてました。
(つまり、表の1面と2面、裏面の1面と2面が増える形)

 

 

ちなみにいつもの一面(今回の三面)はこれ

通常の一面

 

 

 

こちらの面(三面)に思いっきり「Metro」というタイトルがついているので
継ぎ足してまで入れた、マンデラ氏のニュースの重要性がわかります。

 

 

駅の影響画面もこうでした。

駅の液晶画面

 

BBCをはじめとする、テレビもずっと、マンデラ氏の事を報道していて
サッカーワールドカップの抽選があったのですが、どこも後回しです。

 

どこに行っても
まるでイギリスの英雄が亡くなったかのような報道でした。

 

この一部を取って、断定する事もできないのですが
改めて、イギリスというのはグローバルな国だと感じた一日でした。

 

そして、日本ではどうだったのかが気になります。

 

▼日本ブログ村のランキング参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス