ヒースロー空港からロンドン市内へ電車で安く、簡単に移動する方法

gunnersburyの駅

 

 

「ヒースロー空港から
どうやってロンドン市内へ、移動すればいいですか!?」

 

という質問を、先日いただきました!

 

実は、これ、僕も日本から出発前に
に悩んでいた事でして。

 

小心者な僕は

 

「タクシーは高いし、

バスはピンポイントな駅につけるかわからない!」

 

 

という不安があったので
事前に色々と調べて、結局、地下鉄で電車に乗って行きました。

 

実は結構ビビっていただけで
意外に簡単だったので、今回は、その情報をシェアします!

 

1.ヒースロー空港から地下鉄に移動する前に「Informationに行く」

 

ヒースロー空港の入国審査を待つ行列

▲ヒースロー空港の入国審査を待つ行列

 

長旅の12時間フライトを終えて、
ヒースローにたどり着くと
EU圏外の我々日本人は、
入国審査で結構待たされる事があります。
(ちなみに、僕は、50分ほど待たされました。。)

 

余談ですが、ヒースロー空港にもフリーWi-Fiがあり
制限時間45分使えるので、
この間はFacebookで遊んでいるのがよいかと思います。
(ロンドンなう的な。)

 

この後、無事に荷物を受け取ってから
地下鉄に向かうのですが、
初めてのイギリスで何もわからないという方が多いと思います。

 

なので、初心者の方はまず、
インフォメーション(information)センター
を目指してください!

 

 

空港には係のおじさんがいっぱいいるので、
合い言葉は

「Excuse me, I want to go to  INFORMATION.

 

とか言っておけば、
英語初心者の僕でもとりあえずは通じました。
(とにかく、単語のみはっきり発音!)

 

2.Informationでペンを片手に、自分の行きたい駅の名前を伝える!

ロンドンの地下鉄の地図

▲ロンドンの地下鉄の地図

 

Informationに着いたら、
事前に用意しておいた「地下鉄の地図」を
見せてガチで行きたい駅を伝えます!
(準備する物は後述)

 

この時に確認するのは

 

「どこで何線に乗り換えるか?」

です。

 

例)Hammer smith駅でDistrict Lineに乗り換える。

 

初心者は、何となく納得した気にならずに
「紙に駅名と線の名前を書く

(一番いいのは書いてもらう)」

 

のが大事だと思います。

 

3.荷物が重いけどほとんどの距離はカートで持っていける

イギリスに持って行った荷物(総量約46キロ)

▲イギリスに持って行った荷物

 

上記のような45キロを超える荷物を持ちながら
めちゃ長い距離を移動させられたら困ると
思っていたのですがチケット売り場の近くまでは、
上記のようなカートに乗せられたので楽でした。

この荷物の量が
旅行と引っ越しの大きな違いかもしれません^^;

 

■地下鉄への切符(チケット)の買い方「頼れる味方 Assistance」

ロンドンの地下鉄には必ずあるAssistance

▲ロンドンの地下鉄には必ずあるAssistance

 

チケットは、イギリスの券売機で買うのは初めての人は

 

「何をどうやって買っていいかわからない」

 

と思う可能性が高いので
下記のようなAssistanceに行って
チケットを買うのがおすすめです!

 

Assistanceとは、ロンドンの地下鉄には必ずある
日本で言う「緑の窓口」的な存在で、行きたい場所を伝えたると
行き方を教えてくれて、チケットを売ってくれる、
めちゃ強い味方です!!!

 

 

ここでチケットが買え
プラットホームの番号を教えてもらえるので
後はInformationで教えてもらった通りに
電車で移動すればゴールです。
ゲットした地下鉄(Tube)のチケット

ロンドンのTubeのチケット

 

 

 

 

そして、このAssistanceは、
ロンドンの地下鉄の全ての駅にあるので
もし、迷ったり困ったら、
ここに駆け込むと確実に目的地にたどり着けると思います。

 

ちなみに、いくらかかったかと言うと
僕の場合は、電車賃の、5.5ポンド(約900円)のみでした。

 

距離にもよりますが、高くても、
これよりちょっとかかる程度だと思いますので
成田から東京近郊に行くより明らかに安いです。
(ま、ヒースローとロンドン市内は近いので。)

 

個人的には
電車の中で、現地の人がいっぱいいたので
なんかロンドンに来た感じが楽しかったです^^

 

【2014年11月27日追記!】

上記では普通に切符を買ってしまいましたが
普通に切符を買うと割高になってしまうので、
必ず切符を買う前に「オイスターカード(Oyster card)」を買ってください!
(イギリス版Suicaです。)

 

オイスターカードがあると
同じ距離でも料金が安くなります。
(5ポンドのデポジットを取られてしまいますが
払い戻してくれます。)

ですので、最初に

「Can I have an oyster card? And I want to go to ○○ station.
(オイスターカードください、後、ここの駅に行きたいです。)

So how much should I top up?
(いくらトップアップすればいいですか?)」

※イギリスではチャージの事はトップアップ(Top up)と言います。

 

▼オイスターカードの現物

イギリス版Suicaオイスターカード

 

 

■日本で事前に用意しておいた方がよい持ち物「iPhoneアプリと地下鉄の地図」

 

僕が日本で事前に用意したものは
下記の2つです。

 

1. iPhoneアプリ「Journey Pro – London UK by NAVITIME – NAVITIME JAPAN CO.,LTD.」

 

 

これは、日本で言う、「駅すぱあと」のような物で
行きたい駅と出発駅と時間を入れると、行き方を教えてくれます。

 

飛行機の到着時間に若干の誤差があったりするので
日本で事前に、想定できる時間を何個か調べてから来るとよいと思います。

 

 

2. 地下鉄の地図をプリントアウトしておく!

ロンドンの地下鉄の地図

 

ロンドンの地下鉄の地図をあらかじめ、
プリントアウトしておくと他の人に行き方を
聞く時などに便利だと思います。
(スマホだと、小さいし、iPadだとかさばるので
意外とこれ使えます。)

 

地図は、ここからダウンロードできます。
(ちなみに、ロンドンは地下鉄は、subwayではなく、Tubeと呼びます。)

 

 

■ワーホリで来る人におすすめしたい最初の宿の探し方「最初は西がよい!」

 

ヒースロー空港  ここがおすすめ

 

 

ワーホリビザ(YMS)や留学などで
長期間ロンドンに滞在するケースで多いのが

 

「最初はどこかに1週間くらい泊まって家を探す」

 

というパターンです。

 

長旅の後で、さらに荷物が重いケースでは、
長時間の移動は疲れるのでできればヒースローから近い
ロンドンの西部の方に滞在するのがおすすめです。

 

ちなみに、家探しはイギリスの日本人向けポータルサイト
mixb」で探すのが一番簡単だと思います。

 

http://www.mixb.net/

 

僕は西部のgunnersburyというところで
1週間ほど滞在させてもらったので、楽にたどり着けました。

 

こんな感じの駅です(動画です)

 

 

以上、ロンドンに来る際に参考にしてみてください。

 

もし、質問などあったら、いつでも
Twitter(@Shinthanks)やメールで連絡くださいね^^

 

Shin

 

 

▼日本ブログ村のランキング参加してます。よろしければ、バナーをクリックして応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

 

 

 

この記事にご興味ある方はこちらの記事もおすすめです↓


 

  イギリス生活、ワーホリ、留学情報をロンドンから発信中!ワーホリ留学ブログ@イギリス